オバマ大統領のマニフェスト

オバマ氏が掲げるマニフェストの四つ目は、技術革新により、山積する問題の解決である。
この為に必要なのは、健康管理の為のコストが下げられる事も考慮し、クリーンエネルギー、つまりは次世代エネルギーの開発に尽力する事である、と云う公言をオバマ氏はしている。
つまり、燃料問題である。

 

ここ数年、世界は燃料の高騰に沸いている。
日本は途方もなくこれが顕著で、ガソリン税の高騰は記憶に新しいところかとおもわれる。
殊更に運搬業や漁師にとっては致命的で、運んだら赤字、魚を取りに云ったら赤字と云った、あたかも仕事にならないような状況にまで追い込まれている。
現実、ここ数年でこういった職業に就いていた人は、途方もなくの数失業に追い込まれたのだ。
これは途方もなく由々しき問題である。

 

かつて日本ではオイルショックと云うでき事がありたが、現状の状況は当時以上に厳しいと云っても過言ではないのである。
それはアメリカも同じなようで、燃料費の見直しを訴える声は、例を挙げるとデモであったり、インターネット上の書き込みであったり、至る所で散見される。

 

また、日本ではそれほど扱われていないが、環境汚染も途方もなく深刻な問題である。
酷いところに成ると、空気を吸うだけで体長が悪化するような地域もある。
北京オリンピック開催が決定した中国に対して、日本は良く取り上げていた。
現実、こういった状況は世界的に観ても、例外的なものとはいえなくなりつつある。

 

これらの問題を一括して解決すると云う意味では、クリーンエネルギーの開発促進は重要なマニフェストと云える。
オバマ氏にとっても、無視出きない問題だったと云う事である。

 

気になる話題の調査報告