<花粉症の食事治療>副腎皮質ホルモン

花粉症に食事治療がどうして適切なのかと云う事を証明する為にホルモンのお話をする。
ホルモンと云っても多種多様な種類のホルモンがある。
花粉症やぜんそく等アレルギーに関係するホルモンが「副腎皮質ホルモン」であるためである。

 

「副腎皮質ホルモン」の中でも殊更に「糖質コルチコイド」と云う物質がアレルギーに大幅に関係している。
花粉症を初めとするアレルギーの薬として使用される「ステロイド剤」とは、この「糖質コルチコイド」の事である。
つまりアトピーや花粉症、ぜんそくを治癒させたいのならば、この「糖質コルチコイド」にかんして把握しておかなければならない。

 

この副腎皮質ホルモンである糖質コルチコイドの働きには、過剰な免疫を制御してくれる効果と炎症を抑制してくれる効果がある。
ストレスと云う心理的負荷に対抗するためのエネルギーを作成する働きもある。
脳に働きかける効果があるので人間の集中力を高めてくれる。
この副腎皮質ホルモンの分泌量が消耗すると、アレルギー症状を制御する力がなくなるのである。
分泌量が消耗する原因としては、ストレスと云う心理的負荷の他に、ビタミン等の栄養素の不足のせいだとされている。

 

であるから釣り合いよく考慮された食事治療を実践する事で、ホルモンの分泌がただしくなり花粉症予防、もしくは花粉症の症状を低減する事につながるのである。
ステロイド剤で外部からあたえるよりも、キッチリと栄養を取ってストレスと云う心理的負荷もなくして、体内にてホルモンの働きが自然の流れで釣り合いよく出きていた方が良いと云う事である。