ビタミン・ミネラルと栄養障害に関して

以下に、ビタミンとミネラルが不足すると起こりえる栄養障害について纏めて(まとめて)みたので参照事項にしてみて欲しい。
まず、ミネラルである。
カルシウムが不足すると、骨粗しょう症、不眠症、神経症、アレルギー性の鼻炎、喘息などが生じる可能性が有る。
マグネシウムが不足すると、心筋梗塞、動脈硬化、抑うつ症、不整脈、尿路結石などが生じる可能性が有る。
ナトリウムは現代の食生活の中では不足することは本当にまれであるので、あまり心配することはないと思う。
カリウムが不足すると、心臓発作や便秘、ガンなどを誘発してしまう可能性が有る。

 

亜鉛が不足すると、味覚障害や皮膚炎などが生じたり、食欲不振や発育不良などが生じたりするケースが有る。
※ミネラルが不足すると以上のような症状が生じる可能性が有るので、ぜひともなるべく積極的に補給するようにした方が良いと思う。

 

次に、ビタミンである。
ビタミンAが不足すると、感染症や乾燥肌、視力低下、ニキビなどに影響がでる可能性が有る。
ビタミンB1が不足すると、精神状態的にイライラしてしまったり、疲労感が抜けなかったり、体力が無くなり筋力が低下してしまったり、むくみがとれなかったりする症状が有る。
ビタミンCが不足すると、風邪を引きやすくなったり、シミやしわなど美容面でも影響が出たりするようになる。
※ビタミンが不足すると以上のような症状が生じる可能性が有るのでぜひともなるべく積極的に補給するようにすべきだ。