コンタクトレンズが処方される手順

問診が終焉を迎えたら、次は検査にうつる。
たくさんの眼科専門医では、この検査はドクターではなく看護師か検査の人が実践することになる。
眼科によってやりかたは異なると思うが、とりあえず私がいたところの検査手順を書いてゆく。

 

他覚的屈折検査・・オートレフラクトメーターなどを用いて検査するが、これらの機械での検査はあくまでも水準である。
測定時の緊張によって、度数が強めにでることが多いからである。
メガネ屋などではこのことを加味しないで、このデータそのままで作ったりするところもあるのではないだろうか。
強すぎる度数になることがあるのである。

 

自覚的屈折検査・・視力表を用いて検査してゆく。他覚的屈折検査の内容と比較しながら実施する。
専用のメガネ枠をかけてもらい、レンズを入れて本人に確認しながら矯正してゆく。
見える度数のなかで一番弱い度数がベストである。
同じ見え方なのに、力強い度数は必須ではないものであるので。

 

角膜曲率半径検査・・機械を使って、角膜のカーブを調べる。

 

眼圧検査・・眼球内の圧力を調べる。
風がちょっと入るので、驚く患者が多いものであるから前もって伝達する。緑内障の症状がないか、確認しておく。

 

ここまでが検査員の仕事となる。あとはドクターが患者と言葉を交わしながら検査を行ってゆく。

 

外眼部検査・・まぶたの形や、まつげの形状、まばたきの状態などを確認する。化粧の仕方、なども見ておいて参照事項にされる。

 

細隙灯顕微鏡検査・・この名前・名称の眼科独自の機械を用いて、目の状態を観察する。角膜、結膜、水晶体、涙の状態などを見る。
コンタクトレンズを装用後にフィッティングなどもこれで見る。

 

眼底検査・・網膜の状態を観察する。

 

これらのドクターの検査後に、患者と相談をしてコンタクトレンズの種類などを決定する。
目の状態によっては、患者の希望に添えないことも有るが、そのことをキチンと解説すれば大抵の患者は了解される。
目の状態をガッチリ見ておかないと、後々の状態と比較不可能だから、これらの検査は実に非常に大事である。