予防医学は、一次予防、二次予防、三次予防に分類される

予防医学は、病気を未然に防ぐことだけでなく、病気になってしまってからでも進行を抑えたり遅らせることも予防と捉える。
また、病気の再発を防ぐことも予防医学に含まれる。
このことに基づき、予防医学は、一次予防、二次予防、三次予防に分類される。

 

一次予防は、病気にならない身体作りである。
生活習慣または慣例を修正し、健康的な身体をキープすると同時に、感染症の予防接種を受けるなどして病気を寄せ付けない身体にすることである。
二次予防とは、病気になってしまったとしてもそれを定期健診や検査で早い時期に発見し、適切な治療や生活指導などの対策を行い、病気の重症化を防ぐことである。
三次予防とは、病気を治療するプロセスで、リハビリテーション訓練や保健指導などにより、機能回復をめざし病気の再発抑止に努めることである。

 

たとえば、癌(がん)予防についていうと、癌(がん)にならないために煙草(タバコ)をやめたり食事に気を付けたり感染症の対策を実践することが一次予防となる。
そして不幸にも癌(がん)になってしまったケースの場合、癌(がん)が見つかっても命を落とさないために検診を実践することが二次予防となる。
こうして閲覧すると、一次予防、二次予防は医療機関で実践するというより、私たち個人個人が普段から意識して取り組む内容であると言えそうである。

 

病気にならないための努力、そして万が一病気が発生したとしても、治せる時期に発見する努力(検診を受ける)を個人個人がすることで、重大な病気を予防することができるだろう。