コレステロールと食事→豆腐の裏側

血中コレステロール値が高い人にとって、大豆及び大豆加工品は、コレステロールを減らし、動脈硬化を防ぐ活動があるうえ、良質のタンパク質も豊富に包含することから理想的な食品である。

 

中でも豆腐は、大豆そのものを食べるよりも消化がよく、何よりもシンプルに料理に取り入れることができることからおススメである。

 

ひと口に豆腐と言っても、いろんな種類が有る。各々(おのおの)の特性を知って使い分けることができれば、コレステロールを気にしながらの食事作りとはいえ、意外と料理が楽しくなるかもしれない。

 

豆腐は、豆乳に硫酸カルシウムをプラスしてタンパク質を凝固させたものである。

 

木綿豆腐は布を敷いて脱水成形したもので、やや固めである。
一方、絹ごし豆腐は濃度の高い豆乳を凝固させたもので、なめらかな食感であるが崩れやすいのが難点ある(絹を用いてこしたわけではないのだ。絹のようななめらかさ、と言う事である)。

 

また、充てん豆腐は、容器に豆乳を充てんさせて加熱凝固させたもので、細菌の繁殖が抑えられることから賞味期限が長いのが特徴点である。

 

これ以外にも、沖縄豆腐やゆし豆腐といった、沖縄独特の豆腐も有る。沖縄豆腐は木綿豆腐よりも水分が少ない固い豆腐である。

 

豆腐のゴーヤチャンプルーで知られるように、炒めもの(チャンプルー)に用いれる。

 

ゆし豆腐も沖縄独特の豆腐である。豆乳ににがりをプラスしたときにできる、ゆらゆらとした柔らかい具合のものを云う。

 

また、すき焼きなどに用いられる、焼き豆腐は、固めの豆腐の表面に焼きあとをつけたものである。崩れにくく、日持ちが良いのが特徴点である。