隠れ不眠症は一杯いる?

キッチリと毎日就寝しているのに、昼間眠いとかダルいとか実感した事はあらないだろうか?

 

時間数もキッチリと適正時間就寝しているのに眠いと実感するのは眠りが浅いからかも知れない。

 

これは不眠症の1つだとおもわれる為、体の疲れも取れないし、脳も休まらないまま睡眠を取ってる状態に成る。

 

なぜそういう状態に成るかと云うと交感神経が関係していると云う事に成るとおもわれる。交感神経と云うのは脳や体を活動させる為に活発に動作する。逆に夜は脳や体を休ませる為に副交感神経が活発に動作する。
昼間、働きすぎたり運動しすぎたりすると交感神経が興奮してしまい、休めなくなってしまって副交感神経に働きを変える事ができず、眠りを妨げる原因となるのである。

 

交感神経が働きすぎてしまう原因は殊更にストレスと云う心理的負荷だと云う事である。また、カフェインも交感神経を強制的に活動させる機能がある為、不眠症じゃないかと実感している人は出きればカフェイン等は取らない方が良いのじゃないかとおもわれる。

 

眠りが浅い人の対処方法として挙げられるのが「質より量」である。質がいい睡眠を得るのが難しければ長い時間を睡眠にあて、量を得るようにしよう。

 

眠りが浅い人は寝ようとおもうと半日でもそれ以上でも就寝する事が可能である。これは脳や体が、睡眠が足りないと実感しているからで、量でフォローしていこうとしているからであるためである
大丈夫である。寝すぎたからと云って死ぬわけではないのである。
朝おきて体がダルいなと実感しているケースの場合は思いきって就寝してみてはどうだろうか。